韓国語でのひと言フレーズを交えながら、韓国語の情報を提供しています。また、ハングル能力検定についての話題も取り上げています。

韓国語の単語の覚え方のコツ

ハングル検定5級に向けて勉強を頑張っています。
やはり、単語がなかなか覚えられないですね。
1つの単語を覚えたと思ったら、前の単語を忘れている…
本当に、自分が成長できているのか不安になります。

ちょっとした事ですが、単語を覚えるコツがあると思います。

例えば、
나다 (ナダ)
これは、日本語で「出る、起こる、生える」ですね。

나오다 (ナオダ) → 出てくる
나가다 (ナガタ) → 出ていく

これを見ると、何となく共通点があります。

오다 (オダ) → 来る
가다 (カダ) → 行く

それぞれ、나 に付くものが、もともと独立していた単語と合わさることで、「出る」だったものが「出てくる」、「出ていく」になります。

こうやって考えると、韓国語は、日本語に似ていることを納得します。

もともと、覚えていた単語が、他の単語と合わさって別の意味になるものは、よくあると思います。

少しずつでも、こういった事も頭のスミに置きながら、単語を覚えようと思います。

それにしても、単語を覚えるのは大変ですね。

単語を効率的に覚えられる単語学習サイトを、無料で公開しています。
是非、ご活用下さい。

→ 独学ステーション

おススメ書籍


大変に有名な書籍です。 タイトル通り、本気で韓国語を学ぶ方向けの韓国語入門書です。 この一冊で、ハングル能力検定試験の5級、4級は軽く合格できる実力が必ず付きます!

音声についても、それぞれのダイアローグで、ゆっくり再生した後に、通常スピードで再生されるのがとても便利です。

しっかりと、会話を通して発音を確認した後に、通常スピードで聞き取りの確認ができます。

ハングル能力検定試験の合格だけでなく、韓国語を話せるようになりたい方の本格的な書籍で、読み応え十分です!

黒澤 朋子 (著), 「ハン検」教材作成委員会 (監修)


ハングル能力検定5級の参考書の決定版です!

公式テキストということもあり、このテキスト中心に試験問題が出題されます。

ハングルを覚えつつ、試験対策もできるので、最初の参考書としては大変おススメです。

上級試験の勉強の際にも、基本を振り返る事があるかと思います。 その際に、毎回新しい発見があるでしょう。

このテキストを、読み書き、音読を2カ月まじめに実践すれば、中途半端なテキストで勉強するよりも、格段にレベルアップするはずです。

阪堂 千津子 (著), しろやぎ 秋吾 (イラスト)