韓国語でのひと言フレーズを交えながら、韓国語の情報を提供しています。また、ハングル能力検定についての話題も取り上げています。

ハングル能力検定と韓国語能力試験の違い

ハングル能力検定と韓国語能力試験の違いのサムネイル画像

韓国語、朝鮮語を日本国内で受験できる試験のうち、たいへん有名な試験といえば、『ハングル能力検定試験』と『韓国語能力試験(TOPIK)』です。

たいへん有名ですが、試験の違いがはっきりとわからないという方々も多いのではないでしょうか?

本記事では、『ハングル能力検定試験』と『韓国語能力試験(TOPIK)』の違いについて解説しています。

それぞれの違いを把握した上で、今後の試験対策にお役立ていただければ思います。

韓国語の疑問点のサムネイル画像

試験概要の比較

まず先に、それぞれの試験概要についての比較表を記載します。

結論を先に書きますと、日本国内で韓国語のスキルをアピールすることが目的でしたら、『ハングル能力検定試験』が有利という印象です。

逆に韓国をはじめ、海外に韓国語のスキルをアピールする場合には、『韓国語能力試験』が有利という印象です。

それぞれの試験の違いについての詳細は後述いたします。

ハングル能力検定試験 韓国語能力試験(TOPIK)
主催者 ハングル能力検定協会 大韓民国教育省・国立国際教育院(NIIED)
特徴 ハングル能力検定試験を略して、『ハン検』と呼ばれることが多い。
「ハングル」検定は、“日本語母語話者が韓国・朝鮮語を学ぶ”ということを前提に試験を構成しているのが最大の特徴となっています。従って、習い始めの方でも受験できるよう、初級~中級の設問は日本語で、上級では「ハングル→日本語」「日本語→ハングル」への翻訳問題がある等、他の試験にはない点が特徴となっています。
韓国語能力試験は、大韓民国政府(教育省)が認定・実施する唯一の韓国語(ハングル)試験です。韓国語(ハングル)の教育評価を標準化し、韓国語(ハングル)学習者に学習方法を提示するとともに、韓国語(ハングル)の普及や、試験結果の学習・留学・就職等への活用などを目的に、世界70カ国以上で一斉に実施されています。韓国教育財団は、日本地域での試験実施を主管しています。
受験資格 制限なし 制限なし
試験規模 日本国内のみ 世界70か国以上
年間
試験回数
年2回
(6・11月)
年3回
(4・7・10月)
韓国国内では年6回実施
級の見方 1級(最上級)
2級、準2級、3級
4級、5級(初級)
6級(最上級)
5級、4級、3級
2級、1級(初級)
試験方法 各級毎の試験
(隣接級は併願可能)
TOPIKⅠ
(1・2級)TOPIKⅡ
(3~6級)I・Ⅱの併願可能
回答形式 マークシート方式
※1級は日本語訳と韓国語訳の筆記問題有
TOPIKⅠ
マークシート方式TOPIKⅡ
マークシート・記述式
問題文 日本語
(2級からは韓国語)
全て韓国語
合格基準 【5~3級】
100点満点中60点以上【準2級~1級】
100点満点中70点以上聞取・筆記それぞれで必須得点制限あり。1級試験合格者は別日に面接試験を行う。
【TOPIKⅠ】
200点満点中
・80点以上で1級
・140点以上で2級【TOPIKⅡ】
300点満点中
・120点以上で3級
・150点以上で4級
・190点以上で5級
・230点以上で6級

上記の比較表のとおり、それぞれの試験では主催者が違うこともあり、試験規模も大きく異なります。

ハングル能力検定試験と韓国語能力試験の級難易度が逆となります。

「ハングル」検定は1級を最上級に、2級→準2級→3級→4級→5級と6段階の資格を付与しています。「韓国語能力試験」では6級が最上級です。

どちらも、同じ表現になっていれば良かったのですが、大変紛らわしいので、混乱しないように注意しましょう。

試験の難易度について

両方の試験の難易度や、所感をまとめました。

ハングル能力検定試験

”日本語母語話者が韓国・朝鮮語を学ぶ”ということを前提に試験を構成しているのが最大の特徴となっているので、初級の難易度は低く非常に優しいものとなっています。

しかし、上級の難易度は、多くの学習者が挫折するほどの難易度を誇ります。

上級では、本気で試験対策をやりこまないと合格できない難易度の高い試験となります。

また、上級では南北の言葉の違いについても把握していなければなりません。難易度的に、TOPIK6級に受かったとしても、そのままハングル能力検定試験1級に受かるかといわれたら難しいという印象です。

出題範囲はほぼこのトウミからで、トウミ以外からの表現は5%ほどしか出題されないので、まずはひたすらにトウミをやりこんで語彙力をつけることが大切です。

韓国語能力試験(TOPIK)

ハングル能力検定同様に語彙力はもちろん必要となります。現代的な題材を扱うことも多く、図やグラフなどを使った問題もあり、比較的解きやすいです。

ただ、問題量としては듣기・쓰기・읽기合わせて100問ほどで、一つ一つの問題のボリュームはやや多めです。읽기では文章を素早く読み解く力が必要になってくるのと、難関はやはり쓰기の文章作成です。

しかし、解答時間にはかなり余裕があるため、じっくりと考えて見直す時間もあります。

公式サイト

ハングル能力検定協会

韓国語能力試験