韓国語でのひと言フレーズを交えながら、韓国語の情報を提供しています。また、ハングル能力検定についての話題も取り上げています。

韓国語の長文を効果的に学習する方法

韓国語の長文を効果的に学習する方法を簡単にまとめてみました。

ぜひ、参考にして下さい。

ターゲット設定と準備

  1. 興味のあるテーマを選ぶ
    長文を読むのは時間と努力がかかるため、興味を持てるテーマを選びましょう。自分の趣味や関心に合ったトピックであれば、学習意欲が高まります。
  2. 適切な難易度の文を選ぶ
    初心者の場合、簡単なニュース記事やブログ記事から始めると良いでしょう。段階的に難易度を上げながら挑戦していくと、徐々に読解力が向上します。
  3. 辞書や翻訳ツールを準備
    難しい単語や表現に出会った際、辞書や翻訳ツールを活用して意味を調べる準備をしておきましょう。

学習プロセス

  1. 予習
    文章を読む前に、タイトルや見出しを見て内容の予習を行います。主題や文脈を把握することで、理解がスムーズになります。
  2. 最初はスキミング
    最初に文章全体をざっと読んで、主要なアイディアや情報を把握します。これによって全体像が見え、詳細を理解する準備が整います。
  3. 繰り返し読解
    文章を何度も読むことで、徐々に理解が深まります。最初は大まかな内容を理解し、次に細部に焦点を当てて読み進めましょう。
  4. 重要ポイントのマーキング
    文章中の重要なポイントや難しい単語をマーカーやノートでメモしましょう。後で振り返りやすくなります。
  5. 文脈から推測
    すべての単語を知らなくても、文脈から意味を推測する練習をしましょう。これは実際のコミュニケーションでも役立ちます。
  6. 音読
    文章を音読することで、発音やリスニングスキルの向上にも繋がります。ネイティブのリズムやイントネーションを模倣してみましょう。

アフターケア

  1. 要約と考察
    読み終わった後、文章の要点や重要なアイディアを要約してみましょう。自分の言葉でまとめることで、理解度を確認できます。
  2. 疑問点の解決
    文章を読んでいて分からない箇所や疑問点があれば、調べたり質問したりして解決しましょう。
  3. 定期的な復習
    同じ文章を何度も読み返すことで、新たな発見があるかもしれません。定期的に過去の文章を読み返す習慣をつけましょう。

長文の学習は一つのセッションですべて完了することが難しいかもしれませんが、コツコツと取り組むことで徐々に成果が現れます。自分のペースで続けていきましょう。

おススメ商品

おススメ書籍

宋美淑 (著), 「ハン検」教材作成委員会 (監修), ハングル能力検定協会 (その他)



ハングル能力検定の勉強に使っている教材は、いくつかりありますが、自分が実際に使ってみて、とても役に立った書籍は、この「一発合格!よく出るハングル能力検定試験4級・5級問題集」です。

ハングル能力検定試験の合格だけが目的なら、この本で十分に合格できると思います。