韓国語でのひと言フレーズを交えながら、韓国語の情報を提供しています。また、ハングル能力検定についての話題も取り上げています。

ハングル能力検定の頻出単語の覚え方

頻出単語の覚え方のサムネイル画像

韓国語の頻出単語の覚え方

韓国語の勉強はとても大変ですよね。
日本語に近い外国語とはいえ、覚えることが多すぎます…

韓国語の単語や、韓国語の文法、発音など…

これらを平行しながら学習するのが効果的だとわかっていても、思うように実践できない方々も多いと思います。

自分も、韓国語の単語は、下のような感じの繰り返しでした。

  • 覚える
  • 数日後に確認する
  • 忘れている
  • 再び覚える
  • 数日後に確認する
  • 落ち込む

これを繰り返すうちに、韓国語の勉強が嫌になったり、自分に自信がなくなってしまうこともありました。

外国語の勉強方法は、人それぞれに合った方法がありますし、効果的な方法も人それぞれだとは思います。
もちろん、一定のレベルまでは、一般的にセオリーとされている方法で学習するのが効果的です。

韓国語の単語についても、やはり、地味に繰り返すしかありません。

この地味な学習を、どうやって楽しむかということの方が、実は重要だったりします。

せっかく、苦労して覚えた韓国語の単語を確認する場面がなければ、自分の成長がわからないので、不安になったり、孤独を感じたりして…

もし、韓国ドラマを観られるのあれば、韓国ドラマを観て勉強するというのがおススメです!

韓国語の勉強で、韓国語のドラマを観て勉強するのは推奨されています。
また、歴史ドラマよりも、現代ドラマを推奨される方々も多いです。

自分も、確かにそう思いますが、
とにかく、自分が大好きな韓国ドラマであれば、なんでも良いと思っています。

でも、下記のことは、注意した方が良いと思います。

  • 気になる俳優が出演している韓国ドラマを優先する
  • ざっくりと韓国ドラマを観て、聞き取り易いかを確認する
  • 方言など多い韓国ドラマは避ける

やはり、韓国ドラマを観るからには、勉強だと思ってみるよりも、気になる俳優が出演していて、観ていて面白いドラマの方がいいですよね♪

ハングルの部屋の画像

また、韓国ドラマでは、出演する俳優で、セリフが聞き取り易かったり、聞き取り辛かったりというようなことが結構あるのです。
そのため、喧嘩のシーンが多いドラマなどは、口調が早口になったりして、聞き取り辛いので注意した方がいいです。

また、韓国ドラマでは、前半と後半では、俳優ががらりと変わることが多いです。
特に主人公の幼少期から始まるドラマでは、成人してからの俳優が変わるので注意する必要があります。

以上の点を注意して、自分の気になる韓国ドラマを観てみましょう。
ここで注意していただきたい点は、まわりが観ているからではなく、自分が観たい韓国ドラマを観ることです。
自分の興味をもったドラマであれば、勉強が大変な部分があっても、頑張れると思いますよ♪

韓国ドラマを観ているうちに、聞いたことのある単語があるはずです。
特にドラマでは、同じような単語が繰り返し出てきます。

  • お父さん → 아버지
  • お母さん → 어머니
  • おじさん → 아저씨
  • おばさん → 아주머니
  • 社長 → 사장
  • あれら → 저것들
  • ここ → 여기
  • そこ → 거기
  • あそこ → 저기
  • どこ → 어디
  • この → 이
  • その → 그
  • あの → 저
  • どの → 어느
  • 何 → 무엇
  • 誰 → 누구
  • いつ → 언제
  • どのように → 어떻게
  • どんな → 어떤
  • なぜ → 왜
  • だけど → 하지만

などなど、毎回同じ単語が必ず出てきます。

これらの単語を確実に覚えて、さらに聞き取れる韓国語の単語をどんどん増やしていきましょう♪

おすすめの書籍

本気で学ぶ韓国語

大変に有名な書籍です。
タイトル通り、本気で韓国語を学ぶ方向けの韓国語入門書です。
この一冊で、ハングル能力検定試験の5級、4級は軽く合格できる実力が必ず付きます!

音声についても、それぞれのダイアローグで、
ゆっくり再生した後に、通常スピードで再生されるのがとても便利です。

しっかりと、会話を通して発音を確認した後に、
通常スピードで聞き取りの確認ができます。

ハングル能力検定試験の合格だけでなく、
韓国語を話せるようになりたい方の本格的な書籍で、読み応え十分です!

一発合格!よく出るハングル能力検定試験4級・5級問題集

ハングル能力検定の勉強に使っている教材は、いくつかりありますが、
自分が実際に使ってみて、とても役に立った書籍は、この「一発合格!よく出るハングル能力検定試験4級・5級問題集」です。
ハングル能力検定試験の合格だけが目的なら、この本で十分に合格できると思います。

ハングル能力検定協会 公式テキスト

ペウギ 5級 (「ハングル」検定 公式テキスト)

ハングル能力検定5級の参考書の決定版です!
公式テキストということもあり、このテキスト中心に試験問題が出題されます。
ハングルを覚えつつ、試験対策もできるので、最初の参考書としては大変おススメです。

上級試験の勉強の際にも、基本を振り返る事があるかと思います。
その際に、毎回新しい発見があるでしょう。

このテキストを、読み書き、音読を2カ月まじめに実践すれば、中途半端なテキストで勉強するよりも、
格段にレベルアップするはずです。

黒澤 朋子 (著), 「ハン検」教材作成委員会 (監修)

ペウギ 4級 (「ハングル」検定 公式テキスト)

ハングル能力検定試験4級は、韓国語のエッセンスがたくさん詰まっていると思います。
基本をしっかりと固めたい方は、この4級をしっかりと自分のものにすることで、
3級などの上位級の勉強が格段にスムーズになると思います。

李清一 (著), 「ハン検」教材作成委員会 (監修), ハングル能力検定協会 (編集)